講師:渡辺 みさき

ヒトノコト 代表

 

過去にメーカーグループ企業で人事部および経営企画部に在籍。

主に新卒・経験者採用、研修等の業務を行ってきた、人材教育のプロ。


7/11に第二回目のセミナーを開催いたしました。

朝から真夏のような暑さとなった日でしたが、14名もの方にお越しいただきました。

(参加者数、なんと第一回目の2倍!!)

 

今回のテーマは『キャリアストーリーを描いてみよう』です。

子どもの進学や夫の定年etc...これから起こりうるライフイベントに沿って、

今までのキャリア、今の自分の気持ち、キャリアという舞台で自分がこうありたいという姿を具体的に考えていきます。

 

まずはデータから近年の女性の就労状況を知った後に、今回もワークと対話を中心に 進んでいきます。

◆【キャリアの棚卸し】をしてみよう

過去に経験した仕事、そこで役立った知識やスキル、自分の強み・・・
ワークシートの項目に沿って書き出し整理します。

 

それと合わせて、「働く」ということに対する今の自分の気持ちを考え、

将来どうなりたい?何がしたい?という『自分がこうありたい』という姿をイメージします。

 

 


そして、いよいよ本題。

◆【キャリアストーリー】を描いてみよう

自分や家族の年齢と、子どもの進学や夫の定年等のライフイベントをベースに、

キャリアの棚卸しでイメージした『自分がこうありたい』という姿を目指して「〇年後には○○していたい」という具体的な自分の目標や希望を書いていきます。

 

ここで大切なのはあくまで自分の気持ちに正直に、なりたい姿を描き出すこと。

主婦という立場は日ごろ家族のサポート役に回りがちですが、キャリアストーリーの主役は他の誰でもない自分です。

現実的なこと(今の自分にできるorできない等)はひとまず置いておいて、希望を大切にしましょう。


スラスラと書き進む方、考えに考えて書かれる方、筆の進みも人それぞれです。

各々のキャリアストーリーの共有等、この続きは次回セミナーにて!

 

次回は9月26日

「キャリアストーリーを描いてみよう PART2」と題して開催いたします。

キャリアストーリーをより濃密に描き出し、また他の方との対話・共有をする時間もおとりできるよう予定しておりますので、ぜひお越しくださいませ。

もちろん第3回目からのご参加も大歓迎です。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

◇◆セミナーへのご感想を紹介いたします◆◇

 

・前職との関わりで働いていたいのか、新分野で働いてみたいのかという迷いに気づいた。

・女性の労働関連データがあったので、時代の流れと自分の流れの関係がわかった。

・キャリアストーリー、実際の年齢を考えて作るのがすごく良かった。

 子どもがすぐ大きくなってしまうので、今動かなければ!と思った。

・自分と同じ考え、迷いを持っている方とお話しできて、すごく共感した。

・もっと他の人と深く考え話す時間を持ちたかった。少し不完全燃焼だった人もいるのでは…と思いました。

 

◎◎アンケートにご協力いただきました皆様、ありがとうございました◎◎

 

 

 

◆◇おまけ…事務局スタッフの感想◇◆

当日ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

今回は第一回目よりも大幅に参加人数が増え、事務担当としてはうれしい悲鳴をあげる事態となりました。

前回から続いてご参加いただいた方もいらっしゃり、昨年度から「女性のキャリア支援セミナー」に取り組んでおります私共としては感慨深いものがあります。

 

全体を通してとても活気のある印象だった一方、

参加者様同士の『対話』の時間が十分にとれず「もっと深く話したかった」というご意見を少なからずいただいております。 

それでも、「また参加したい」という嬉しいお声もたくさんかけていただきました。

 

「働きたい、ステップアップしたい」という気持ちを胸にお越しいただく皆さまにとって、2時間という限られた時間の中でも『気づき』や『収穫』のあるセミナーを目指して、今後も努力してまいります。